浦村牡蠣とあだこの岩牡蠣

真牡蠣と岩牡蠣

浦村

牡蠣の国 鳥羽・浦村

鳥羽市浦村町の生浦湾は、太平洋の暖かな黒潮と伊勢湾の海水に、木曽三川や清流宮川などの真水が流れ込み、エサとなる山海のプランクトンが豊富です。また、波静かな湾内は牡蠣を育てるには最も適した環境といわれてます。好環境のもとで育つ浦村牡蠣は1年で立派に育ちます。そのため牡蠣独特の磯臭さがほとんど無く、まろやかで甘み、旨みが強く、上品な味が特徴です。

浄化滅菌済みの安心無菌かき

あじ蔵が使用している牡蠣は老舗牡蠣屋養殖場から仕入れています。牡蠣屋さんが作る牡蠣は、養殖いかだから収穫した後、選別して付着物を取り除き洗浄します。それを再び海に戻し、身入りと味がさらに良くなるよう蓄養しています。再収穫後、高圧洗浄し、国内でも数台しか無い高性能の紫外線殺菌設備で滅菌浄化した牡蠣を使用していますので安心安全です。

浦村牡蠣
生牡蠣

三重県鳥羽のブランド食材「浦村かき」

そのようにして手間隙惜しまず愛情込めて作られた1年牡蠣は、ぷりぷりの食感、まろやかで上品な味わい、口の中いっぱいに広がる甘さと旨み。生でも安心して召し上がっていただける浦村牡蠣は秋から冬がシーズンです。※但し、海域の状況によっては生食のご提供は控えさせていただく場合もございます。

春から夏が旬の岩牡蠣

岩牡蠣は「夏がき」とも呼ばれ、春から夏が旬の牡蠣です。冬が旬の真牡蠣と比べ、姿は丸みがあり、身入りも良く、クリーミーなのが特徴です。グリコーゲン含量が高く、またタウリンや亜鉛、銅、ビタミンB群などもより多く含まれ、栄養の宝庫。漁師さんたちは「夏バテ防止」に岩牡蠣を食しているとも言われています。

 

“あじ蔵”では通常、岩牡蠣のシーズンには伊勢志摩産を使用していますが、 完全予約制で三重ブランド・鳥羽的矢湾畔蛸(あだこ)のタグ付き岩牡蠣も、ご提供させていただいております。

岩牡蠣
タグ付き岩牡蠣

安心と信頼のしるし、タグ付き岩牡蠣

鳥羽の南端の的矢湾に位置する畔蛸町(あだこ)。この的矢湾で生産される「岩がき」は、真牡蠣の養殖を熟知した漁師さんたちが、数年かけて岩牡蠣の生態などを学び、作ることが難しいとされる養殖期間の短い天然採苗で作ることを実現しました。
4月から7月が旬の「あたごの岩牡蠣」には、生産者ごとに色分けしたタグが付いています。これは、「的矢湾あだこ岩がき協同組合」が地元の牡蠣と認定したものだけに付けられるもので、ブランドと品質が保証されています。

三重ブランドあだこの岩牡蠣は3日前の予約制

伊勢神宮奉納品「あだこの岩がき」は、平成26年に三重ブランドに認定されいます。“あじ蔵”では4月から7月までの期間限定、3日前の予約制で承っております。
殻いっぱいに育った大きな身、甘くて濃厚、ふっくらでクリーミーなのが特徴の「的矢湾あだこの岩牡蠣」を是非ご賞味ください。

的矢あだこの岩牡蠣